安全を名分に美味の追及」を基本とする、当協会点心マイスター十ヵ条の心得
 

 
一、「自然は美味しい」との想いを根底に、自然を生かす点心を製造理念とします。

 
二、「美味しい点心は美しい」との想いを常に持ち、、技術の研鑽に努めます。

 三、「無添加」との人を欺く表現は使わず、「極力添加物を使わない」との姿勢で製造します。

 四、食の基本はとの想いから、可能な範囲で良いと判断する水を使用します。

 五、化学調味料及び着色料並びに保存料などの添加物は使用せず、使用している食材も極力排除します。

 
六、「身土不二」を基本とし、できるだけ地産地消を実践いたします。

 
七、 個々の点心に於ける本物とは何かを考察し、常に本物に近づける努力をします。

 八、 飲茶点心の基本的な考えである「身体に優しい食」を基本とし、その考察と実践を心掛けます。

 九、 素材の味や食感をそのまま生かすため、手作りでの製造をします。

 十、 日本人の物造りに於ける優れた能力と伝統を誇りとし、その継承者としての自覚を忘れず研鑽に努めます。

                                           点心マイスター協会
                                                   会長 小林 耕二